PR

 1台のパソコンを複数のユーザーで共有している場合、たとえ家族であってもメールの内容や作ったファイルは見られたくないもの。こういうときは、利用者をWindows XPの「ユーザー」として登録しておくと、個々のプライバシーを守れます。

 ユーザーを登録するには、「スタート」から「コントロールパネル」を選び、「ユーザーアカウント」をクリック。次に「新しいアカウントを作成する」をクリックします。

 開いた画面で利用者名を入力したら「次へ」をクリックします。続いてユーザーの属性を「コンピュータの管理者」か「制限」のどちらにするかを決めます。コンピュータの管理者を選ぶと利用制限はありませんが、制限を選ぶとソフトをインストールしたり、Windowsに関連する設定などを変更できなくなります。子供など初心者を登録するなら、こちらを選びましょう。最後に「アカウントの作成」をクリックします。

 引き続きパスワードを設定します。ユーザーアカウントの画面で、先ほど登録したユーザー名をクリック。次画面で「パスワードを作成する」を押し、パスワードを入力して「パスワードの作成」をクリック。

 これで作業は終わり。パソコンを起動すると、上のような画面が表示されるので、利用者を選び、パスワードを入力すれば使えます。