PR

 コントロールパネルに表示されるアイコンは、実は「CPL」という拡張子を持つファイルの機能を表している。CPLファイルは「WINDOWS」フォルダ配下の「system32」フォルダにある。エクスプローラでこれらを表示しても、どのファイルがコントロールパネルのどの機能に対応したものか分からない。そこで、これらのファイルのアイコンを、コントロールパネルに表示されるアイコンと同じものにしてみよう。

 管理者権限のあるユーザーでログオンし、スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選び、「regedit」と入力して「OK」ボタンをクリックする。レジストリエディタが起動したら、次のようにキーをたどる。

HKEY_CURRENT_USER→Software→Microsoft→Windows→CurrentVersion→Policies→Explorer HKEY_CLASSES_ROOT→cplfile

 「cplfile」を右クリックして「新規」−「キー」を選び「DefaultIcon」というキーを作成する。これを選択した状態で右のペインに表示される「既定」をダブルクリックして、「値のデータ」に半角文字で「%1」を入力して「OK」ボタンをクリックする。

 レジストリエディタを終了してWindowsを再起動すると、一部の例外があるがCPLファイルのアイコンにコントロールパネルのアイコンと同じ図柄が表示されるようになる。 元の状態に戻すには「DefaultIcon」というキーを削除すればよい。

図1 コントロールパネルを開くと機能がアイコンで表示される


図2 レジストリエディタを起動。「cplfile」を右クリックして「新規」−「キー」を選ぶ


図3 「DefaultIcon」というキーを作成する


図4 「値のデータ」に半角文字で「%1」を入力して「OK」ボタンをクリックする


図5 一部の例外があるがCPLファイルのアイコンにコントロールパネルのアイコンと同じ図柄が表示されるようになる


※レジストリの変更によりPCの起動などに支障をきたす場合があります。レジストリの変更の前には、バックアップを必ず行い、自己責任のもとに行ってください。