PR

 画像ファイルの容量を小さくするには、画像のサイズを小さくしたりJPEGファイルに変換することが一般的である。ところが、専用のソフトがない場合はこれらの操作ができない。そこで、Windowsに備わった機能で、簡単に画像ファイルのサイズを小さくしたりJPEGファイルに変換してみよう。

 例えば、ビットマップ形式の画像のサイズと形式を変換する場合は次のようにする。ビットマップファイルを右クリックして「送る」−「メール受信者」を選ぶ。「電子メール経由でのイメージの送信」ダイアログが表示されるので、「イメージをすべて小さくする」をオンにする。

 さらに、「詳細オプションの表示」ボタンをクリックして、「イメージを下のサイズにする」で画像サイズを選択する。「OK」 ボタンをクリックすると添付ファイル付きのメールが作成されるので、「ファイル」−「添付ファイルの保存」を選んでファイルとして保存する。これで、画像サイズが縮小されJPEG形式に変換されたファイルが作られる。なお、作成されたメッセージは送信せずに破棄すればよい。

図1 ファイルを右クリックして「送る」−「メール受信者」を選ぶ


図2 「イメージをすべて小さくする」をオンにして、「イメージを下のサイズにする」で画像サイズを選択して「OK」 ボタンをクリックする


図3 「ファイル」−「添付ファイルの保存」を選んで画像ファイルを保存する