PR

 ふだん見慣れたアイコンだが、アイコン名のフォントを変えてみると画面のイメージが大きく変わる。実用的なテクニックではないが、一度試してみると気分転換になるかもしれない。共用しているコンピュータなら他人の反応も楽しめる。

 デスクトップ上の何もないところを右クリックして「プロパティ」を選ぶ。「画面のプロパティ」ダイアログが開くので、「デザイン」タブの「詳細設定」ボタンをクリックする。「指定する部分」で「アイコン」を選び、「フォント」から目新しいフォントを選んでみよう。

 ここで、アイコンの「サイズ」やフォンとの「サイズ」は変更しない方がよい。また、念のために、デフォルトのフォント名(通常は「MS UI Gothic」)をメモしておこう。「OK」ボタンをクリックし、さらに「更新」ボタンをクリックするとしばらくしてアイコン名のフォントが変わる。

 同じ操作で「アクティブタイトルバー」や「非アクティブタイトルバー」のフォントも変えてみるとおもしろい。元の状態に戻すには、同様の手順でメモしておいたフォントを選べばよい。

図1 デスクトップ上の何もないところを右クリックして「プロパティ」を選ぶ


図2 「デザイン」タブの「詳細設定」ボタンをクリックする


図3 「指定する部分」で「アイコン」を選び、「フォント」からフォントを選ぶ


図4 アイコン名のフォントが変わる