PR

 標準搭載されているマイクロソフトのIMEに加え、ジャストシステムのATOKなど、複数の日本語入力ソフトがインストールされている場合、できるだけ自分が普段使っている日本語入力ソフトを利用したいもの。

 そんなとき、日本語入力ソフトを、「Shift」+「Ctrl」というショートカットキーで簡単に切り替えられることを知っていると便利だ。知っているユーザーには当たり前の操作なのだが、普段Windows XP標準のIMEしか入っていないパソコンを利用しているユーザーには、この操作を知らない人も多い。気付かずにこのキー操作をしてしまうと、次の瞬間から今まで使っていた日本語入力方法が変わってしまい、原因がわからず悩むといいこともあるので憶えておくとよい。

 もちろん、タスクトレイに表示された日本語入力ソフトのアイコンをクリックして入力ソフト選んでも変更できる。もし規定の日本語入力ソフトを変更したい場合は、日本語入力ソフトのアイコンを右クリックして「設定」を選び、「テキストサービスと入力言語」ダイアログを開けば設定できる。

図1 規定の日本語入力ソフトを変更するには、タスクトレイに表示された日本語入力ソフトのアイコンを右クリックして「設定」を選ぶ


図2 「テキストサービスと入力言語」ダイアログで日本語入力ソフトを切り替えられる