PR

 WindowsXPには、標準でCD-R/RWドライブへの書き込み機能がついている。書き込みに際しては、イメージファイルという一時的な作業用ファイルが作られる。デフォルトでは、Windowsをインストールしたシステムドライブ(通常はCドライブ)に作られるが、意外に大きなサイズのためドライブを圧迫していることがある。そこで、このファイルが作られるドライブを、サイズに余裕のあるドライブに変えよう。

 マイコンピュータを開き、CD-R/RWドライブのアイコンを右クリックして「プロパティ」を選ぶ。「書き込み」タブをクリックして、「書き込むCDのイメージを保管できるドライブを選択してください。…」のリストからドライブを選ぶ。「OK」ボタンを押せば、別のドライブにイメージファイルが作られるようになる。

図1 CD-R/RWドライブのアイコンを右クリックして「プロパティ」を選ぶ


図2 「書き込み」タブをクリックして、「書き込むCDのイメージを保管できるドライブを選択してください。…」のリストからドライブを選ぶ