PR

 ショートカットファイルや、フォルダなどのアイコンイメージは、自分の好きな画像に変更できる。

 ショートカットの場合は、右クリックして「プロパティ」を選び、「プロパティ」ダイアログを開いて「ショートカット」タブの「アイコンの変更」ボタンをクリックする。ここで、「下の一覧からアイコンを選択」でアイコンを選ぶ。

 あるいは、「参照」ボタンをクリックしてアイコンファイル(拡張子は「ico」)か、exeファイルやdllファイルなど、アイコンイメージが埋め込まれているファイルを選んで、「下の一覧からアイコンを選択」にそれらを一覧表示させてから選択する。

 フォルダの場合は、やはり右クリックして「プロパティ」を選び、「プロパティ」ダイアログを開いて「カスタマイズ」タブの「アイコンの変更」ボタンをクリックする。その後は、ショートカットの場合と同様にしてアイコンイメージを選べばよい。

 なお、文書ファイルなど通常のファイルのアイコンイメージは、その拡張子と関連づけられたプログラムで決まってしまう。例えば、拡張子が「txt」のファイルは通常「メモ帳」が起動して開くようになっている。このため、ファイルにはメモ帳のアイコンイメージが表示される。これを変更するのは難しい。

図1 ショートカットを右クリックして「プロパティ」を選ぶ


図2 「ショートカット」タブの「アイコンの変更」ボタンをクリックする


図3 「下の一覧からアイコンを選択」でアイコンを選ぶ


図4 「プロパティ」ダイアログのアイコンイメージが変わる


図5 ショートカットアイコンのイメージも変わる


図6 フォルダの場合も右クリックして「プロパティ」を選ぶ


図7 「カスタマイズ」タブの「アイコンの変更」ボタンをクリックする


図8 「下の一覧からアイコンを選択」でアイコンを選ぶ


図9 「プロパティ」ダイアログのアイコンイメージが変わる


図10 フォルダアイコンのイメージも変わる