PR

 スタートメニューの「すべてのプログラム」に数秒間マウスカーソルをあわせているだけで、自動的にサブメニューが開く。この状態からスタートメニュー右側のメニューを選ぶときなど、場合によってはこのサブメニュー表示が邪魔になることもある。そこで、クリックしないとサブメニューを表示しないように設定を変更してみよう。

 「スタート」ボタンを右クリックして「プロパティ」を選ぶ。「[スタート]メニュー」タブの「カスタマイズ」ボタンをクリックして「詳細設定」タブを開き、「マウスを置いたときにサブメニューを開く」のチェックをはずす。

 これで、メニューをクリックしなければサブメニューが表示されない設定に変わる。

図1 スタートメニューの「すべてのプログラム」に数秒間マウスを置いただけでサブメニューが表示される。場合によっては邪魔になることもある


図2 「[スタート]メニュー」タブの「カスタマイズ」ボタンをクリック


図3 「詳細設定」タブを開いて「マウスを置いたときにサブメニューを開く」のチェックをはずす