PR

 通常、コントロールパネルを利用する場合、スタートメニューから「コントロールパネル」を選び、ウインドウを開いてから各項目にアクセスする。急いでいるときに、このような手順を踏むのは、ちょっと手間だ。そこで、スタートメニューから直接コントロールパネルの項目にアクセスできるように設定を変更してみよう。

 「スタート」ボタンを右クリックして「プロパティ」を選び、「[スタート]メニュー」タブの「カスタマイズ」ボタンをクリック。「[スタート]メニューのカスタマイズ」の「詳細設定」タブを開き、「スタートメニュー項目」の「コントロールパネル」で、「メニューとして表示する」にチェックを入れる。

 これで、スタートメニューの「コントロールパネル」にサブメニューが表示され、各項目に直接アクセスできるようになる。なお、「マイコンピュータ」や「マイドキュメント」でも、同様にして「メニューとして表示する」にチェックを入れれば、サブメニューとしてフォルダの中身を表示できる。

図1 「コントロールパネル」の「メニューとして表示する」にチェックを付ける


図2 「コントロールパネル」の各項目が、サブメニューとして表示される。同様に、「マイコンピュータ」や「マイドキュメント」もメニュー表示可能