PR

 これまでのWindowsでは、ログオフ時に開いていたフォルダが次回ログオン時に自動的に開く仕様になっていた。以前の作業を思い出すのにも便利な機能だったが、Windows XPでは初期設定でフォルダが開かない仕様に変わった。ユーザーによっては違和感を感じるだろう。XPでログオン時にフォルダを自動的に開くには、次のように設定変更する。

 コントロールパネルを開いて「デスクトップの表示とテーマ」をクリック、「フォルダオプション」を開く。「フォルダオプション」の「表示」タブを開き、「詳細設定」の「ログオン時に以前のフォルダウィンドウを表示する」にチェックを入れる。「OK」ボタンを押せば設定終了だ。

図1 「デスクトップの表示とテーマ」をクリックする


図2 「フォルダオプション」を開く


図3 「ログオン時に以前のフォルダウィンドウを表示する」にチェックを入れる