PR

 ここから先は、データプロジェクターの選び方について見ていこう。データプロジェクターを購入する前にチェックしておきたい仕様としては、輝度、解像度、重さ、投射方式、投射距離などがある。

 まずは輝度だ。輝度が高いほど光の届く距離が長くなり、大きな画面で映すことが可能になる(下図)。また輝度が不足している場合は窓のブラインドを下ろして外光を遮断したり部屋の照明を消したりして部屋を暗くする必要があるが、輝度が十分であれば部屋が明るい状態のままデータプロジェクターを使用できる。

【輝度が高いほど大きな部屋で使える】
拡大表示

 購入時の目安としては、10人程度が入る会議室で、対角80インチ(幅1.6×高さ1.2m)程度の大きさでPowerPointのスライドを投射する場合、1500ルーメンの製品があれば十分だろう。20人程度が入るやや広めの会議室ならば、2000ルーメンあると安心である。これは外光の入る明るい部屋での使用を想定したもので、部屋のブラインドを下ろしたり照明を消したりして使う場合は、さらに広い部屋でも使える。

 単純に言えば、輝度は高ければ高いほど使い道が広がることになる。とはいえ、輝度の高い製品は価格も上がるため、用途を見極めた上で納得いく選択を心がけたい。

解像度には2種類ある

 次に解像度について見ていこう。一般に法人向けのデータプロジェクターは、3板液晶方式と単板DLP(digital light processing)方式の2種類に大別される。液晶方式は、液晶パネルに光を透過させることで画像を生成する。DLPは、DMD(digital micromirror device)という微細な鏡で光の反射を制御することで画像を生成する方式だ。

 液晶パネルやDMDの画素数によって、投射する画像のきめ細かさが決まる。この液晶パネルやDMDの画素数のことを、パネル解像度またはパネル画素数と呼ぶ。最近の法人向けデータプロジェクターの大半は、パネル解像度が1024×768ドット(XGA)または800×600ドット(SVGA)のいずれかだ。

 データプロジェクターの中には、1400×1050ドット(SXGA+)や1600×1200ドット(UXGA)に「対応」とうたう製品がある。これは「入力可能解像度」や「表示可能解像度」と呼ばれるもので、パネル解像度を上回るこの画素数の映像信号が入力されても、画像が欠けたり乱れたりせずにきちんと表示できるという意味である。この場合、解像度の高い入力画像は、プロジェクター内部でパネル解像度に合うよう縮小処理している(下図)。SXGA+やUXGAのきめ細かい画像を、元の解像度のまま表示できるわけではない。パネル解像度がSVGAの製品にXGAの信号を入力した場合も同様である。

【2種類の「解像度」があることに注意】
拡大表示

 縮小表示した画像は元の画像より粗くなるため、細かい文字がつぶれて判読できない場合もある。例えば経理関連など、多くの項目や数値を書き込んだ書類をExcelで作成し表示する場合、文字が読めない可能性があるだろう。逆に、PowerPointのスライドなどで大きな文字を表示するだけならば、縮小表示でも問題ない。いずれにしても、データプロジェクターを選ぶ際は、製品のパネル解像度を把握した上で用途に合った製品を購入したい。