PR

 前回も書いたとおり、WindowsとMacは互いが直接的なやりとりをすることはない。ただし、通信手段ならある。

 その通信手段だが、別のディスクパーティションを作成し、FAT32でそれをフォーマットする方法がある。WindowsもOS Xも(さらに言えばLinuxも)FAT32の読み書きが可能である。ただし、パフォーマンスは大幅に低下する。

 さらに、FAT32がサポートするパーティションサイズには制限がある。かつてFAT32パーティションは、ドライブ文字(論理ドライブ)当たり4Gバイトに制限されていた。しかしそれは改良され、実際の限界は2Tバイトだ。しかしながら、FAT32のファイルサイズは4Gに制限されている。

 この制限は、Intel Macのハードドライブにパーティションを切る場合でも、USB2.0あるいはFirewireの外付けドライブを使う場合でも同じだ。このことは、大きなファイルをバックアップするときに重大な問題を引き起こすかもしれない。ビデオファイルは大きくなりがちだ。

 FAT32のドライブをセットアップしたら、MacTigerを立ち上げ、Wordなどのプログラムでファイルを作り、それを保存し、さらに外付けドライブへも保存できる。次に、MacTigerをシャットダウンしてWinnieMacを起動させる。これで、Windowsアプリケーションを使って外付けドライブ上のそのファイルを開くことができる。

 パフォーマンス上の理由で、そのファイルをWindowsパーティションに保存して作業を続けたいときもあるだろう。最後に外付けドライブに戻して保存し、WinnieMacをシャットダウンし、MacTigerを起動する。これで万事OKだ。

 もっといい方法は、Samba(SMB)のファイル共有プロトコルによって両方のコンピューターをネットワーク化することだ。これはここ混沌の館で使っている方法である。私のPowerBook(古いPowerPC機)との間でファイルをやりとりしている。

 もう1台、現物のマシンをサーバーとして使い(サーバーかワークステーションとして構成されていれば、MacでもWindowsシステムもかまわない)、そこに保存する。Intel MacのOSの一方を使っていないときに、もう一方を起動してネットワーク経由でファイルを読み書きできるようになる。

他にも方法はある

 MacTigerとWinnieMacの間で通信させる方法は、外付けドライブとネットワーク中継だけではない。今ではWindowsで使えるHFS+ファイルシステム・ドライバーがあるからだ。私はまだ試していないが、ダン・スピサックによると、それを入手できるサイトがあるらしい。これを使うと、WinnieMacからMacTigerのパーティションやファイルを直接読み書きできるようになる。

 Parallels Workstationは、Mac OSで仮想マシンとしてWindowsを実行する。<a href="http://www.parallels.com/en/products/workstation/mac/そのベータ版が無料で手に入るサイトもある。この場合のWindowsとは、Windows 3.1、3.11(ネットワーク機能が初めて搭載されたバージョン)、Windows 95、98、Me、XP、そしてXP 2003など、過去に存在したあらゆるWindowsを指している。

 さらにParallelsは、MS-DOS、あらゆるLinuxディストリビューション、FreeBSD、SolarisそしてOS/2も動かせるという。このいずれか、あるいはすべてが、デュアルコア・プロセッサとIntel Virtualization Technology(IVT)を使って、Mac OS Xの内部で仮想マシンとして動作する。

 ただし、すべてのIntel MacがデュアルコアとIVTの両方を搭載しているとは限らないことに注意してほしい。Parallels Workstationを動かしたいのなら、必ずこれらの機能を備えたモデルを選ぶこと。

 2つのうちではIVTの方が重要だが、実際にはデュアルコアを欲しいと思うだろう。Parallelsが「OS X 10.4.4以上が動くすべてのIntel搭載Macintosh」で動くと、その仮想マシン機能によってクロックサイクルとメモリーが恐ろしい勢いで消費されるので、どちらも大量に欲しくなるのだ。

 もう1つ、Microsoft Virtual PC for the Macがある。私は自分のMac PowerBookでこれを動作させているが、それなりの働きをする。MicrosoftがIntel Powered Macへこのプログラムを移植すれば、WindowsのソフトはIntel製のハード用に書かれているのだから、もっとよく動くと思うかもしれない。Macに必要なエミュレーションが少なければ少ないほどパフォーマンスが向上するのは理の当然だ。

(次回5月27日に続く)