PR

 メモ帳やペイントなどで、ファイルを開く時や保存する際に表示されるプレースバー。「マイドキュメント」や「デスクトップ」へのショートカットを表示して、利便性を高めてくれるものだが、少々ウインドウの幅をとる。邪魔だと思うユーザーは、これを非表示にしてみたらどうだろう。

図1 メモ帳やペイントなどのコモンダイアログで表示されるプレースバー。邪魔に思うユーザーもいるのでは?


 管理者権限のあるユーザーでログオンし「スタートメニュー」から「ファイル名を指定して実行」を選ぶ。「regedit」と入力してレジストリエディタを起動、次の順にキーを移動する。

HKEY_CURRENT_USER→Software→Microsoft→Windows→CurrentVersion→Policies

 「Policies」を右クリックして「新規」-「キー」を選び、「comdlg32」というキーを作成。すでに作成されている場合は、それを利用しよう。これを右クリックして「新規」-「DWORD値」を選び、「NoPlacesBar」という値を作る。これをダブルクリックして「値のデータ」に半角数字で「1」と入力。「OK」ボタンを押せば、設定終了だ。

 これで、ファイルを開く/保存するダイアログにプレースバーが表示されなくなる。元に戻したい場合は、作成したキーを削除すればよい。

図2 「comdlg32」というキーを右クリックして「NoPlacesBar」というDWORD値を作成


図3 「NoPlacesBar」をダブルクリックして、「値のデータ」に「1」と入力


図4 このように、プレースバーが非表示になる


※レジストリの変更によりPCの起動などに支障をきたす場合があります。レジストリの変更の前には、バックアップを必ず行い、自己責任のもとに行ってください。