PR

 Windows XP起動時に表示される「ようこそ画面」は、ユーザーとアイコン画像を一覧表示してくれる。画像をクリックするだけでログオンできるので便利だ。

 しかし、Windows 2000のようなユーザー名とパスワードを入力するログオン画面と比べて、セキュリティが十分に確保されているとは言えない。パスワード入力が必要な設定に変更するテクニックをこちらで紹介したが、登録ユーザーが丸見えになっている点を気にする人も多いだろう。

 Windows XPで、「クラシック ログオン プロンプト」と呼ばれる昔のログオン画面に変更したい場合は、次のように設定する。

 管理権限を持つユーザー(コンピュータの管理者あるいはAdministrator)でログオンする。コントロールパネルの 「ユーザーアカウント」を選び、「ユーザーのログオンやログオフの方法」を選択。「ようこそ画面を使用する」のチェックをはずして「オプションの適用」をクリックすれば終了だ。

図1 「ようこそ画面」と呼ばれるWindows XPのログオン画面。便利だが、登録ユーザーが丸見えでセキュリティ的には不安も


図2 コントロールパネルの 「ユーザーアカウント」を選び、「ユーザーのログオンやログオフの方法」を選択


図3 。「ようこそ画面を使用する」のチェックをはずして「オプションの適用」をクリックすれば終了


 ただし、これでもまだセキュリティ的には十分とは言えない。最後に使用したユーザー名が「クラシック ログオン プロンプト」のユーザー名欄に、あらかじめ表示されてしまうからだ。

 Windows XP Professional Editionの場合、最後に使用したユーザー名を空欄にする方法がある。

 管理権限を持つユーザーとしてログオン。コントロールパネルの「パフォーマンスとメンテナンス」を開いて「管理ツール」を選び「ローカルセキュリティポリシー」をダブルクリックする。

 「セキュリティの設定」→「ローカルポリシー」→「セキュリティオプション」と選択して、「対話型ログオン:最後のユーザー名を表示しない」をダブルクリック。表示されるダイアログで「有効」にチェックを付ければ、設定完了だ。

 残念ながら、Windows XP Home Editionでは以上の方法は使えない。

図4 コントロールパネルの「パフォーマンスとメンテナンス」を開いて「管理ツール」を選ぶ


図5 「ローカルセキュリティポリシー」をダブルクリック


図6 「セキュリティの設定」→「ローカルポリシー」→「セキュリティオプション」と選択して、「対話型ログオン:最後のユーザー名を表示しない」をダブルクリック


図7 「対話型ログオン:最後のユーザー名を表示しない」に「有効」にチェックを付ける


図8 このとおり、ログオン画面でユーザー名が表示されず、セキュリティ的にも安全な画面になる