PR

 メモ帳やペイントなどでファイルを開いたり保存する際に、表示されるダイアログの左側に「マイドキュメント」や「デスクトップ」といったボタンが現れる。これは、Windowsの共通ダイアログの「プレースバー」と呼ばれる機能で、各ボタンがショートカットの役割を果たす。便利な機能だが、ここのボタンを自分好みにカスタマイズできたら、使い勝手はもっとアップするはずだ。特定のボタンだけを変更することはできないが、レジストリを変 更すれば、表示するボタンを設定し直せる。

図1 メモ帳やペイントなどでファイルを保存/開く際に表示される、Windowsの共通ダイアログ。左側の「プレースバー」をカスタマイズしたくなる


 Administrator権限でログオンし、「スタート」メニューの「ファイル名を指定して実行」に「regedit」と入力、レジストリエディタを起動して次の順にキーを移動する。

HKEY_CURRENT_USER→Software→Microsoft→Windows→CurrentVersion→Policies

 「Policies」を右クリックして「新規」-「キー」を選び、「comdlg32」というキーを作成する。すでにある場合はそれを利用しよう。続いて「comdlg32」を右クリックして「新規」-「キー」を選び、「PlacesBar」というキーを作る。

図2 レジストリエディアを起動し、「Policies」までキーを下る。「comdlg32」というキーを新規に作成する(すでにある場合はそれを利用)


図3 「comdlg32」を右クリックして、「新規」-「キー」を選び「PlacesBar」というキーを作成する


 このキーを右クリックして「新規」-「DWORD値」を選択し「Place0」と入力。「Place0」をダブルクリックし「16進数」がオンであることを確認して「値のデータ」に次の番号のいずれかを入力する。例えば、「お気に入りフォルダ」を表示したければ、「6」を入力すればよい。

0:デスクトップ
1:IEアイコン
2:「プログラム」フォルダ(個人用)
3:「コントロールパネル」フォルダ
4:「プリンタ」フォルダ
5:「マイドキュメント」フォルダ
6:「お気に入り」フォルダ
7:「スタートアップ」フォルダ(個人用)
8:「履歴」フォルダ
9:「送る」メニュー
A:ごみ箱
B:スタートメニュー(個人用)
10:デスクトップ(個人用)
11:「マイコンピュータ」
12:「マイネットワーク」

 この操作を行うと、既存のボタンはすべてクリアされるので、同様にして、「Place1」、「Place2」、・・・というキーを追加して必要なボタンを登録しよう。メモ帳などで、ダイアログを開くと、設定したボタンに変更されているはずだ。なお、元の状態に戻すには「PlacesBar」を削除すればよい。

※レジストリの変更によりPCの起動などに支障をきたす場合があります。レジストリの変更の前には、バックアップを必ず行い、自己責任のもとに行ってください。

図4 「PlacesBar」を右クリックして「新規」-「DWORD値」を選択、「Place0」と入力する


図5 「Place0」をダブルクリックして「16進数」がオンであることを確認して「値のデータ」に番号を入力


図6 メモ帳などでダイアログを表示すると、さきほど指定したボタンに変更されるのが分かる