PR

 マイクロソフトの次期Officeである「the 2007 Microsoft Office system」のベータ2が公開されました。登録さえ済ませば、誰でもWebからダウンロードできます。私も早速、インストールして使ってみました。

 2007 Office systemの大きな特徴は、ユーザーインタフェースを一新したこと。実際に起動すると、思わず声を上げてしまうほどの変貌ぶりです。

 まず、これまでのメニューやツールバーは姿を消し、タブでメニューを切り替える形式になりました。メニュー体系も大幅変更です。なにせ、基本中の基本である「ファイル」メニューが消えているのです。Excelでグラフを作成するときに使っていた「グラフウィザード」もなくなってしまいました。

 ただ個人的には、このOffice、結構気に入りました。リニューアルのおかげで戸惑うこともあるのですが、操作しているとなんだか快適な感じがします。何がどう快適なのか、うまく言葉にするのは難しいのですが、あえて表現すれば「ライブ感」だと言えるでしょう。Officeが、これまでよりも私に気を遣ってくれている、私のことを理解して動いている、という印象を受けるのです。

 その一つが、操作の状況に応じて必要なメニューがぱっと表示されること。例えばグラフ関連のメニューは、通常の状態では表に出ていません。グラフを作成して選択すると、グラフのデザインを変更したり、書式を整えるためのタブがさっと表示されます。グラフの選択を解除すると、また消えます。必要なときに必要なメニューだけを表示しようという考えから生まれた工夫でしょう。

次期Officeでは操作の状況に応じてメニューがぱっと表示される。画面はExcelの例次期Officeでは操作の状況に応じてメニューがぱっと表示される。画面はExcelの例

 Excelのスクロールが改良されたのもかなり好印象。Excelで大きめの表をマウスで選択しようとして、スクロールしすぎ、かなり先のセルまで行ってしまうことが何度もありました。それが今回は、表の末尾に近づくとスクロールが自然に遅くなります。とても細かいことですが、使い勝手の向上を素直に感じる瞬間です。

 ただOfficeのヘビーユーザーからすると、喜びよりもとまどいの方が多い場合もあるようです。「あの機能を使うには、あのメニューからこのダイアログボックスを開いて、ここを選択する」といった知識が頭の中に膨大に蓄積されている人にとっては、ここまでのユーザーインタフェースの変更は逆に悩みの種となる可能性があります。周囲の編集部員に聞いても、今のところは肯定的/否定的どちらの声もあります。

 今のところマイクロソフトは、「クラシックモード」のように旧版のOfficeのユーザーインタフェースを用意することは考えていないようです。つまり、それだけ新版に自信があるということでしょう。ベータ2の公開を通じて世間からどんな評価が出てくるか、私も一人のユーザーとして非常に注目しています。