PR

 Outlook Express(OE)の画面は、複数の部品で構成されている。必要あるものないもの。表示/非表示を切り替えたり順序を入れ替えたりして、自分好みのレイアウトにすることが可能だ。

 レイアウトを変えるには、「ウィンドウのレイアウトのプロパティ」画面を開く。ここで、画面に表示したい項目のオンオフを設定したり、プレビュー画面の位置を変えたりする。

 レイアウトのほかに、メール一覧の項目も入れ替え可能だ。「送信者」→「件名」…と並んでいる順序を、「件名」→「送信者」…など、自分の並べたいように変えられる。

図1 「表示」メニューの「レイアウト」を選んで「ウィンドウのレイアウトのプロパティ」画面を開く。チェックがついている項目が表示される。ここでは「連絡先」や「フォルダ一覧」などのチェックを外して非表示にしてみた。さらにプレビューウィンドウを「メッセージの横」にした


図2 「OK」ボタンで画面を閉じると、レイアウトが変更されたOE画面が確認できる


図3 メール一覧の項目を入れ替えることも可能だ。項目名を移動先までドラグするだけで良い。ためしに「件名」を「送信者」までドラグした


図4 すると、「件名」と「送信者」の位置が逆になった