PR

 携帯電話はどこだ?と闇雲に探しまわるより、電話をかけて音が鳴るところを見たほうがずっと早く見つかる。電子メールも同じだ。探したい言葉やひっかかりそうな言葉をキーワードにして「検索」したほうが手早く見つけられる。

 Outlook Express(OE)には、ツールバーの「検索」ボタンから手軽に検索できる。受信したメールから探すなら、「受信トレイ」を開いた状態で「検索」ボタンをクリックする。すると、「メッセージの検索」ダイアログボックスが開く。この画面で、“なにをもとに”“どこから”探すかを決める。最も探したいのが、あるキーワードが本文に含まれているメールだろう。それならば、「メッセージ」欄に本文に含まれている文字列を入力し検索する。すると該当するメールがあると画面下方に一覧表示される。クリックすると読むことができる。

図1 OEのツールバーから「検索」ボタンをクリックするか、「編集」メニューの「検索」で「メッセージ」を選んで「メッセージの検索」画面を開く。キーワードを本文に含むメールを探すには、「メッセージ」欄にキーワードとなる文字列を入力する。ここでは「MacBook」としてみた。入力したら「検索開始」ボタンを押して検索を実行する


図2 すると、画面が下に広がり、該当するメールがあるとそこに一覧表示する。一覧からクリックすると、そのメールを読める