PR

 システムの調子がよくないというときは、Windowsをセーフモードで起動し直すと復旧することがある。ところが、セーフモードを起動する場合、システムの起動時にファンクションキーを押していないといけない。ちょっとタイミングが遅くなると通常モードで起動してしまうので、セーフモードの起動が苦手だというユーザーも少なくない。そのようなときは、「システム設定ユーティリティ」を使うとよい。

 スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選び、「msconfig」と入力して「OK」ボタンをクリックする。「システム設定ユーティリティ」が起動するので、「BOOT.INI」タブを開き、「ブートオプション」の「/SAFEBOOT」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックする。これでWindowsを再起動すれば、自動的にセーフモードで起動する。通常モードで起動するには、「/SAFEBOOT」のチェックを外しておく必要があるのでお忘れなく。

図1 「ブートオプション」の「/SAFEBOOT」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックする