PR

 Outlook Express(OE)の初期設定では、メールを作成して「送信」ボタンを押すと、自動的にすぐに送信しようとする。送る前にもう1度確認しようとしても、すでにとき遅しだ。1通ずつ即送信するのをやめて、まとめて自分のタイミングで送るようにしたほうが失敗は少ない。

 また、まとめて送信にすると、送信エラーを防ぐことにもなる。OEに設定したメールアカウントがインターネット接続に利用しているプロバイダが発行したものとは別のとき、送信前に1度受信しなくてはいけない場合がある。初期設定のままでは受信前に送信して、エラーになることも。まとめて送信にすると、この送信エラーを防ぐことにもなる。

 自動で即送信を解消するには、「オプション」画面の「送信」タブにある「メッセージをただちに送信する」のチェックを外す。

図1 「オプション」画面の「送信」タブにある「メッセージをただちに送信する」のチェックを外す


図2 すると、以後作成するメールの作成画面で「送信」ボタンを押すと、図のような確認メッセージがあらわれるようになる。「OK」ボタンを押すと「送信トレイ」に保存され、次回の「送受信」ボタンでの手動操作で送信される