PR

 WindowsXPを終了する場合は、通常、スタートボタンをクリックして、「終了オプション」-「電源を切る」を選ぶ。ところが、せっかちなユーザーはいきなり電源ボタンを押して終了したいと思うらしい。

 そこで、コントロールパネルの「パフォーマンスとメンテナンス」にある「電源オプション」を開き、「詳細設定」タブの「コンピュータの電源ボタンを押したとき」で「シャットダウン」を選んでみよう。いきなり電源ボタンを押してもWindowsXPを正常な方法でシャットダウンできる。

図1 「詳細設定」タブの「コンピュータの電源ボタンを押したとき」で「シャットダウン」を選ぶ