PR

 Outlook Express(OE)でメールを作ろうとすると、初期設定のままではHTML形式のメールになってしまう。HTMLメールはウイルス感染の危険があるとして、まだまだ敬遠されがちだ。テキスト形式で作成されるように設定を変更したほうが良い。

 変更するには「オプション」画面を開く。「送信」タブにある「メール送信の形式」欄で「テキスト形式」を選ぶ。これで新規に作成するメールはテキスト形式となる。さらに「送信」欄の「受信したメッセージと同じ形式で返信する」のチェックを外すと、返信メールもテキスト形式になる。外しておこう。

図1 OEの初期設定では、作成するメールHTML形式になる(左)。これをテキスト形式(右)で作成できるように変更しよう


図2 「ツール」メニューの「オプション」を選んで「オプション」画面を開き、「送信」タブを表示する。「メール送信の形式」欄で「テキスト形式」を選ぼう。さらに「送信」欄の「受信したメッセージと同じ形式で返信する」のチェックも外しておこう