PR

 Outlook Express(OE)でメールを作成するには、たくさんの方法があるが、基本となるのは「メールの作成」ボタンを押して作成画面を開き、アドレスやメールのタイトル、本文を入力していく方法だ。

 ツールバーの「メールの作成」ボタンをクリックすると、「宛先」や「件名」など、どの項目にも何も入力されていないまっさらなになにも入力されていない「メッセージの作成」画面が開く。まずは、「宛先」欄に送信先のメールアドレスを入力しよう。もしも「連絡先」(アドレス帳)に登録してあれば、そこから自動で入力できる。「宛先」ボタンをクリックだ。

 「受信者の選択」画面が開く。「名前」欄にある表示名をダブルクリックすると、自動的に自動的に「宛先」ボタン横の「メッセージ受信者」に登録される。たとえば「Fujita」に送りたいなら、「名前」欄から「Fujita」をダブルクリックだ。これで「宛先」に「Fujita」と入る。「CC」に登録するには、表示名をクリックして「CC」ボタンを押す。これで自動的に「CC」欄に入る。「BCC」へも、同様にして「BCC]ボタンで入力する。

 送信先の指定が終わったら「件名」にメールのタイトルを入力し、その下の白いエリアに本文を入力する。すべてが終わったら「送信」ボタンを押し、送信段階へと進む。

図1 OEの画面で「メールの作成」ボタンをクリックする


図2 「メッセージの作成」画面が開く。まずは「宛先」欄にメールアドレスを入力するが、「連絡先」に登録されている人へ送るなら、「宛先」ボタンで押すと手早く入力できる


図3 「受信者の選択」画面が開く。「名前」欄の表示名をダブルクリックすると「宛先」に自動入力される


図4 つづけて「CC」や「BCC」にも入力するなら、表示名を選んで「CC」や「BCC」ボタンを押す。これで自動的に「CC]や「BCC」にも送信先が入力される。すべての送信先の設定を終えたら「OK」ボタンで画面を閉じる


図5 メールの作成画面に戻るので、「件名」や本文を入力して完成させる。完成したら「送信」ボタンをクリックだ