PR

 インターネットでメールのやり取りをするには、まずはメールソフトにメールアドレスを設定する必要がある。プロバイダーからの設定情報をもとに、Outlook Express(OE)に設定しよう。

 メールアドレスのことをOEでは「メールアカウント」と呼んでいる。OEを初めて起動すると、「インターネット接続ウィザード」が起動する。このウィザードでメールアカウントのさまざまな情報を設定し、すぐにでもメールの送受信ができるようにしてしまおうというわけだ。

 まず最初は、送信者となる自分の名前を入力。ここで入力する名前は受信者にそのまま表示されるので、見られて恥ずかしくないものにしよう。愛称にすると、それを知らない人に送った場合、いたずらメールと誤解されることもある。無難なのはやはり名前だ。漢字でもローマ字でもかまわないが、苗字と名前の間を半角1文字分のスペースを空けておくと良い。

 次へ進むと、メールアドレスの入力だ。間違うと、受信した人が返事を送ろうとしても正しく届かなくなるので注意だ。ウィザードは「次へ」ボタンを押さない限り勝手に画面は進まないので、間違った入力をしないよう落ち着いてやろう。

 その後、「電子メールサーバー名」と「インターネットメールログオン」の設定画面へと進む。どちらもプロバイダーから入手した設定情報を確認しながら入力する。特に「電子メールサーバー名」は、受信と送信メールサーバー名を逆に入力してしまいがちだ。間違うと送信も受信もできないので、どちらに入力するかよく確認する。不明なときはプロバイダーに問い合わせたり、Webサイトで調べると良いだろう。最後に「完了」ボタンをクリックして、メールアカウントの設定は完了だ。

図1 「インターネット接続ウィザード」では、まず初めに差出人となる自分の名前を半角カタカナ以外で入力する。ローマ字でも漢字でも苗字と名前の間は半角スペースを1つ空けると良い


図2 次にメールアドレスを入力する。このとき間違って入力すると相手が返信できなくなってしまうので注意しよう


図3 プロバイダーの設定情報を参考に、「受信メールサーバー」と「送信メールサーバー」を入力して次へ進む


図4 ここでもプロバイダーの情報をもとに「アカウント名」と「パスワード」を入力。特にパスワードは*印しか表示されないので、大文字・小文字等に注意する


図5 「完了」ボタンをクリックして、メールアカウントの設定完了