PR

 Outlook Express(OE)でアカウントを設定すると、ウィザードで作成中に入力した「受信サーバー」のデータがアカウントの表示名として登録される。このままではわかりにくいので、わかりやすいものに変えてみよう。

 OEでは、複数のメール化カウントを設定できる。これから先、いくつものアカウントを設定すると、「受信サーバー」名ではどれがなんのアカウントなのかわかりにくい。そこで、たとえばプロバイダー名や「仕事用」、「メイン」「サブ」などの用途に応じたものに変えると、使い分けるときに選びやすくなる。

 アカウント名を変更するには、「インターネットアカウント」画面から変更したいアカウントの「プロパティ」画面を開き、「全般」タブにある「メールアカウント」欄を書き換える。

図1 「ツール」メニューから「アカウント」を選択して、「インターネットアカウント」画面を開く。「メール」タブを表示すると作成したアカウントが、作成途中で入力した受信メールサーバー名で表示されている。この名前を選択して「プロパティ」ボタンをクリックする


図2 選択したアカウントのプロパティ画面が開く。「全般」タブにある「メールアカウント」の文字列を分かりやすい名前に変える


図3 「OK」ボタンをクリックすると「インターネットアカウント」画面に戻る。アカウント名が変更できたことを確認できたら、この画面も「閉じる」ボタンで閉じよう