PR

 メールを受信しようとして「送受信」ボタンを押すと、「送信トレイ」に保管したメールは、書きかけでもそのまま送信されてしまう。これを避けるには、いったん「下書き」フォルダーに保管する。

 「下書き」として保存するには、作成中の画面で「ファイル」メニューから「保存」を選び、確認画面で「OK」をクリックだ。残った作成中の画面は閉じて構わない。そのまま続きを書いて完成させて「送信」ボタンを押すと、「下書き」フォルダーから「送信トレイ」フォルダーに自動的に移動され、次の送受信で送られる。いったん「下書き」フォルダーに保存して閉じたメールを送信するには、再び開いて完成させ、「送信」ボタンを押す。

図1 「下書き」として保存するには、作成中の「メッセージの作成」画面で「ファイル」メニューの「保存」を選択するだけだ


図2 確認画面が表示されて「OK」ボタンをクリックすると、「下書き」フォルダーに保管される


図3 フォルダー一覧の「下書き」の横に「(1)」と表示され、1通保管されたことが確認できる