PR

 Outlook Express(OE)では、添付ファイルがあるとメールの先頭にクリップマークが付いて表示される。添付ファイルは、受信したメールからパソコンに保存したり、直接開くことができる。ただし、なかにはできあにものがあるので注意が。ここでは保存可能なファイルの保存方法を紹介しよう。
 メールを受信しようとして「送受信」ボタンを押すと、「送信トレイ」に保管したメールは、書きかけでもそのまま送信されてしまう。これを避けるには、いったん「下書き」フォルダーに保管する。

 OEのメール一覧で、クリップマークがついたメールは、プレビュー画面が添付ファイルを保存したり開いたりすることができる。もちろん、独立したメール画面でもできるが、ここではプレビュー画面からの保存と閲覧方法を紹介する。

 保存も開くも簡単だ。プレビュー画面の右上にあるクリップマークをクリックだ。すると、添付ファイルのファイル名と「添付ファイルの保存」という項目が表示される。「添付ファイルの保存」を選ぶとパソコンに保存でき、ファイル名をクリックすると開くことができる。

図1 プレビュー画面のクリップマークをクリックして、表示されるメニューから「添付ファイルの保存」を選ぶ


図2 すると、保存画面が表示される。「保存先」には、「マイドキュメント」が指定されているが、変更したい場合は「参照」ボタンを押す。フォルダーを指定したら、「保存」ボタンを押して完了


図3 プレビュー画面のクリップマークをクリックしてファイル名の方を選ぶと、直接開くことができる


図4 確認画面が開くので、「開く」を押してファイルを開く