PR

 Outlook Express(OE)で受信したメールに返信すると、そのメールのアドレスが自動的に「連絡先」に登録される。必要ない人のものまで登録されたくない。そんなときは、自動登録を解除するといい。

 OEを初期設定のまま使っていると、受信したメールから返信メールを作ろうとすると、実際に送信しなくても「返信」ボタンを押した段階でそのメールの送り元のアドレスが「連絡先」に登録されてしまう。これでは連絡帳に登録するまでもないアドレスまでもが「連絡先」にどんどんたまっていき、本当に必要なアドレスを探しにくくなることにもなる。

 この機能をオフにするには、「オプション」画面で設定する。「送信」タブにある「返信したメッセージの宛先をアドレス帳に追加する」のチェックを外す。「OK」ボタンで画面を閉じると、以後は受信したメールから返信メールを作っても、送信元のアドレスが「連絡先」に自動登録されなくなる。

図1 メールに返事を出そうと、そのメールを選択して「返信」ボタンを押すと、実際に返信までしなくても送信元のメールアドレスが「連絡先」に登録あれてしまう


図2 この機能をオフにするには、「ツール」メニューで「オプション」を選んで「オプション」画面を開き、「送信」タブにある「返信したメッセージの宛先をアドレス帳に追加する」のチェックを外す