PR

 同一アドレスから迷惑メールが届くので、「送信者を禁止」にしようとして、間違って同僚のアドレスを登録してしまった。そんなときは、「禁止された送信者の一覧」から、間違って登録したアドレスを削除すればよい。

 Outlook Expressの「送信者を禁止する」機能は、登録したアドレスのメールを受信すると、自動的に「削除済みアイテム」に移動してくれるというものだ。迷惑メールの処理に利用している人も多いだろう。

 一度設定したアドレスを禁止者から解除するには、登録リストから削除する。「ツール」メニューの「メッセージルール」から「禁止された送信者の一覧」を選択して、「メッセージルール」画面を開こう。「禁止された送信者」タブが表示された状態で開くので、リストから解除したいアドレスを選択し、「削除」ボタンを押す。確認画面が表示されるので、「はい」ボタンをクリックだ。

図1 「ツール」メニューの「メッセージルール」から「禁止された送信者の一覧」を選択する


図2 「メッセージルール」画面が、「禁止された送信者」タブが表示された状態で開く。リストから解除したいアドレスを選択して「削除」ボタンを押す


図3 確認画面が表示されるので、「はい」ボタンをクリックする