PR

 Internet Explorer(IE)でファイルをダウンロードする際に開く「ファイルのダウンロード」ダイアログでは、「この種類のファイルであれば常に警告する」という項目がチェックボックスで選べる。このチェックボックスに対するチェックを外させなくする方法を紹介しよう。具体的には、このチェックボックスを使えないようにしてしまうのだ。

 管理者権限のあるユーザーでログオンし、スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選び、「regedit」と入力して「OK」ボタンをクリックする。レジストリエディタが起動したら、次のようにキーをたどる。

HKEY_CURRENT_USER→Software→Policies→Microsoft→Internet Explorer→Restrictions

 もし、「Internet Explorer」や「Restrictions」がなければ、その上位のキーを右クリックして「新規」-「キー」を選んで新規に作成する。「Restrictions」を右クリックして「新規」-「DWORD値」を選び、「AlwaysPromptWhenDownload」という値を作成する。

 「AlwaysPromptWhenDownload」をダブルクリックして「値のデータ」に半角数値で「1」を入力して「OK」ボタンをクリックする。レジストリエディタを終了してWindowsにログオンし直すと、IEの「ファイルのダウンロード」ダイアログにある「この種類のファイルであれば常に警告する」のチェックボックスは表示されなくなり、このダイアログは常に表示されることになる。

 元に戻すには、「AlwaysPromptWhenDownload」というDWORD値を削除すればよい。

※レジストリの変更によりPCの起動などに支障をきたす場合があります。レジストリの変更の前には、バックアップを必ず行い、自己責任のもとに行ってください。

図1 標準設定では、「ファイルのダウンロード」ダイアログに「この種類のファイルであれば…」のチェックボックスがある


図2 レジストリエディタでHKEY_CURRENT_USER→Software→Policiesとたどり、「Microsoft」を右クリックして「新規」-「キー」を選ぶ


図3 通常は「Internet Explorer」というキーがないので、これを作成する


図4 「Internet Explorer」を右クリックして「新規」-「キー」を選ぶ


図5 「Restrictions」というキーを作成する


図6 「Restrictions」を右クリックして「新規」-「DWORD値」を選ぶ


図7 「AlwaysPromptWhenDownload」という値を作成する


図8 「値のデータ」に半角数値で「1」を入力して「OK」ボタンをクリックし、ログオンし直す


図9 「ファイルのダウンロード」ダイアログにある「この種類のファイルであれば常に警告する」のチェックボックスは表示されなくなる