PR

 川村さん(仮名)は、都内の商社に勤務する営業マンです。30歳も半ばを過ぎたのに、結婚どころか彼女もいません。少し焦りを感じ始めている彼の携帯電話に、ある日突然、「みか」という件名のメールが届きました。この名前の女性に心当たりはありませんが、間違いメールだと思いつつ「なんのメールだろう」という好奇心からメールを開いてみました。

 メールの本文にはURLがありました。好奇心でクリックしてみると出会い系と呼ばれる携帯サイトでした。「へー。女の子と知り合えるのか」。なにげなく「入り口」のボタンを押した彼の目に、いきなり自分の現在いる場所と個体識別番号、そして利用料金「2万4000円」の請求画面が飛び込んできました。

 「なんだこれ?」。彼には何が起きたのか分かりません。画面をスクロールすると、支払期限が3日以内であることと、振込先の銀行名、口座番号が書いてあります。しかもこんな警告まであります。「支払期限が過ぎても入金が確認できない場合は、携帯電話会社に個人情報の開示を請求し、直接お伺いしたうえで集金させていただきます。なお、その場合は利用料金に加えて延滞手数料が別途加算されます」

 「なにか間違えて選んだかな。とにかくお金を払わなくちゃ」。彼は混乱したまますぐに銀行に向かい、お金を振り込んでしまいました。

 職場に戻ってから同僚に一部始終を話すと「おまえバカだなぁ。そんなのにだまされたのか」と笑われてしまいました。彼の話では、最近流行の「ワンクリック詐欺」と呼ばれるものだというのです。やっと事情が理解できましたがもう手遅れです。警察に届けようかと考えましたが、勉強代だと思ってあきらめることにしました。

 「じゃあ、オレが居た場所が出てきたのはなぜ?」。そう、最近の高機能携帯電話は、現在の位置情報を相手に送ることができるのです。でも、これだけで個人情報は分かりません。携帯電話会社が個人情報を開示することもありません。

 ワンクリック詐欺へ誘導するメールはある日突然届きます。一度届くと、さまざまなパターンで届くこともあります。実は、ワンクリック詐欺をもくろむネット詐欺師は、メールアドレスのリストを持っています。このリストで、あらかじめ用意した料金請求の携帯サイトのURLを書いて送信します。あとは川村さんのような人が料金を支払うことで、儲けているのです。

 パソコンの場合もほぼ同じです。ただ、金請求のウェブサイトには、プロバイダー名や、詐欺師が勝手に作ったお客様IDなどが表示されることがあります。なかにはメールアドレスまで表示することがありますが、お金を振り込んだり、こちらから教えなければ、住所などの個人情報が漏れることはありません。

賢者の教訓! クリックで個人情報は漏れない