PR

 箇条書きの先頭には記号や番号を付けると読みやすい。自動的に連番を振る機能があるので、ぜひ利用しよう。ツールバーの「段落番号」ボタンをクリックしてもいいが、番号のスタイルを選びたいときは、「書式」→「箇条書きと段落番号」を実行する。
 連番機能のいいところは、状況に応じて番号を振り直してくれること。途中に行を追加したり、自動的に段落を削除したりしても安心だ。

図1 連番を設定する段落を範囲指定する

図2 「書式」→「箇条書きと段落番号」を実行し、「段落番号」パネルから連番のスタイルを選ぶ。ここでは丸番号を選んだ。「OK」ボタンをクリックする

図3 段落の先頭に丸番号が表示された。途中に行を挿入すると、番号は「フォント」パネルで日本語用のフォント、英数字用のフォント、サイズを設定し、「OK」ボタンをクリック。「文字数と行数」パネルに戻ったら「OK」ボタンをクリックする

図4 途中に行を挿入すると続きの番号が表示され、後ろの番号は自動的に振り直される