PR

 Outlook Express(OE)では、メール受信時に自動的にメールデータをコンパクトにする機能がある。このコンパクト化は手動でも実行可能だ。たとえばデータをバックアップする際、最小限のサイズにするために実行すると良い。

 OEで受信したデータは、フォルダごとに「.dbx」形式のファイルとなる。このファイルをコンパクト化するには、OEの「ファイル」メニューから「フォルダ」の「すべてのフォルダを最適化する」を選ぶ。すると全フォルダのデータが圧縮される。

図1 フォルダのデータをコンパクト化するには、「ファイル」メニューから「フォルダ」の「すべてのフォルダを最適化する」を選ぶ


図2 最適化前(上)と最適化後(下)のOEのデータファイル。「受信トレイ」のファイルを見ると、1/10以下に圧縮されたことが確認できる