PR

 メールを読んで不要になったものは「削除済みアイテム」フォルダに放り込む。しかし、「削除済みアイテム」フォルダを空にするのは忘れがちだ。だったら、自動的に空っぽにするように設定すると便利じゃないだろうか。

 Outlook Express(OE)には、OEを終了時に自動的に「削除済みアイテム」フォルダを空にすることができる。オプション画面の「メンテナンス」タブにある、「終了時に[削除済みアイテム]を空にする」にチェックを付ければ良いだけだ。

図1 OEの「ツール」メニューから「オプション」を選んで「オプション」画面を開き、「メンテナンス」タブを表示する。「終了時に[削除済みアイテム]を空にする」にチェックをつけて、「OK」ボタンで画面を閉じたら完了だ


図2 終了前(上)には「削除済みアイテム」フォルダにメールがあったが、図1の設定後にOEを起動しなおすと、「削除済みアイテム」フォルダが空になっている(下)