PR

 ニュースやメールマガジンなどの電子メールを受信し始めると、なんだか記号がずれたり行末がそろっていなかったり、文章の段落が崩れて読みにくいと感じることがある。そんなときは、メールを表示するフォントの種類を変えると解消される。

 ニュースやメールマガジンなどでは、文字ばかりで見づらくなるのを解消するために、記号などを使って読みやすくしているものがほとんどだ。このとき、「等幅」のフォントのみを使って作る。正しく表示するには、Outlook Express(OE)でも「等幅」フォントで表示することが必要だ

 OEでは、表示するフォントを2種類設定する。「プロポーショナルフォント」と「固定ピッチフォント」の2つだ。「プロポーショナルフォント」とは、1文字ずつ横幅のサイズが異なるフォントのため、使われている文字によってその行が長かったり短かったりしてしまう。OEの初期設定では「プロポーショナルフォント」は「MS Pゴシック」が指定されている。これを「固定ピッチフォント」と同じ「等幅」フォントの「MS ゴシック」に変更することで行末が揃うようになる。ただし、行中に半角文字があればそのぶん揃わないこともある。

図1 「ツール」メニュー→「オプション」で「オプション」ダイアログボックスを開き、「読み取り」タブにある「フォント」ボタンをクリックする


図2 「プロポーショナルフォント」のプルダウンボタンをクリックし、一覧から「MS ゴシック」を選択する


図3 「OK」ボタンをクリックして「フォント」画面を閉じたらこの設定は終わりだ


図4 変更前(上)は表示が崩れていたが、変更後(下)は文字が等幅で並ぶために崩れることなく表示される