PR

 電子メールの返事は、電子メールで返すのが通常だ。Outlook Express(OE)などのメールソフトでは、受信したメールが自分だけに送られたものか、それとも他にも同報者がいるかによって、返信メールの作成方法が異なる。OEで自分だけに届いたメールへの返信メールを作ってみよう。

 OEの画面でメールをプレビュー表示で読んでいる場合は、返信したいメールを一覧から選んで、ツールバーの「返信」ボタンを押す。

 プレビュー表示ではなく、別画面でメールを表示している場合は、その画面のツールバーにある「返信」ボタンをクリックだ。

 すると、返信メールの作成画面が開く。この画面では、「宛先」欄にメールの送信者名が、「件名」には返信元のメールのタイトルが先頭に「Re:」が付いた状態で自動的に入る。さらに、返信元のメール内容が本文欄に引用された状態で入るので、必要な箇所だけ残して返事を書くことで、やりとりがわかる返信メールとなる。作成したら、「送信」ボタンを押して送信段階へと進む。

図1 プレビュー表示で読んでいる場合は、返信したいメールを一覧から選んで、ツールバーの「返信」ボタンを押す


図2 OE本体とは別画面でメールを表示している場合は、その画面のツールバーにある「返信」ボタンをクリックする


図3 「宛先」と「件名」、そして本文に返信元メールの情報が入った状態で返信メールの作成画面が開く