PR

 Outlook Express(OE)で新着メールをプレビューで読んでいると、読み終わっていないうちに開封済みになってしまい、どれを読んでいたかわからなくなる。こんなときは、開封済みになるまでの時間は調節すると良い。

 開封済みになるまでの時間を調節するには、「オプション」画面の「読み取り」タブを開く。「次の時間プレビューするとメッセージを開封済みにする」の横にある数値を上げると、開封済みになるまでの時間が長くなる。逆に少なくすると、あっという間に開封済みになる。あまり長くしても、いつまでも既読にならないのでイライラする。何度か数値を変えながら試してみて、自分にちょうど良い長さを設定しよう。

 また、この項目のチェックを外すと、ダブルクリックしてメッセージウィンドウで表示するか、「編集」メニューの「開封済みにする」を選ぶまで開封済みにならないので注意しよう。

図1 「ツール」メニューで「オプション」を選択して「オプション」画面を開き、「読み取り」タブにある「次の時間プレビューするとメッセージを開封済みにする」の横にある数値を増減する