PR

 スタートメニューにある「ファイル名を指定して実行」は、「regedit」と入力してレジストリエディタを起動するときなどによく使う(レジストリとは何?参照)。その特徴は、パスと呼ぶ設定で指定されたフォルダー内のプログラムなどを、名前を入力するだけで実行できること。パスは、コマンド(MS-DOS)プロンプトで「path」を入力・実行すると確められる。ちなみにWindows XPで「cmd」と入力するとコマンドプロンプトが、「calc」で電卓が、「notepad」でメモ帳が起動する。

図1 「ファイル名を指定して実行」を起動するにはスタートメニューにある登録を選択。プログラム名などを入力して「OK」をクリックする