PR

 ソフトのインストール時に「常駐ソフトがあれば終了させてください」などと尋ねられる事がよくある。常駐ソフトとは、Windows起動時にメモリーに読み込まれるプログラムで、デスクトップ画面の右下にあるタスクトレイに並んだプログラムがそれだ。最近のパソコンでは、ウイルス対策ソフトや日本語入力ソフトなどが常駐に設定されている。

 常駐の利点は、既にプログラムがメモリー上に展開されているので、スタートメニューなどから立ち上げるより起動時間が短いこと。また、ユーザーからは見えないバックグラウンドで動作するため、実行中でも目障りなウインドウやタスクバーが表示されない。

 しかし、常駐プログラムの実行中は複数のソフトが同時に動いているのと同じで、パソコン全体の処理は重くなってしまう。例えば、ウイルス対策ソフトは、ファイルの更新があるとウイルス定義ファイルにあるすべてのウイルスパターンを照合しようとする。このような状態でソフトをインストールすると時間がかかって、失敗する可能性もある。

 常駐プログラムを終了させるにはタスクトレイにあるアイコンを右クリックして閉じたり、ソフトの設定画面で常駐を解除する方法などがある。しかし、すべてのプログラムで同じ方法が使えるわけではない。バックグラウンドで動作する常駐プログラムの場合、プログラムの存在自体も分からないことがある。

 手っ取り早いのは、Windows 98やWindows Me、Windows XPに付属する「msconfig」という起動設定ユーティリティの利用だ。起動するには、スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」を選び「msconfig」と入力する。「スタートアップ」タブにある一覧が、無効にしても問題ない常駐プログラムだ。個別にやることも可能だが「すべて無効にする」ボタンを押して再起動すれば一覧にあるすべてを無効にできる。ちなみにWindows XPだと「サービス」というタブもある。この一覧は、システム関連の常駐プログラムだ。触れない方が安全だ。

図1 タスクバー右下に並んでいるアイコンを終了させることで、いくつかの常駐プログラムを停止できる


図2 常駐プログラムと通常ソフトの違いを示したイメージ。常駐プログラムは、Windowsが起動時に実行する。メモリー内で動作するのですぐ利用できる。常駐プログラムによっては、ユーザーが関与しないものもある


図3 常駐プログラムを一掃するには「msconfig」を使う。スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選び、「msconfig」と入力すると「システム構成ユーティリティー」ウインドウが起動する。「スタートアップ」タブにある「すべて無効にする」ボタンを押して再起動すると常駐プログラムの大半を停止できる