PR

 Windows終了時に選べる「スタンバイ」や「休止状態」は、電源オフ中の待機状態を表す用語だ。それぞれ作業時の状態を待機中でも保持し、電源をオンにすれば元の状態に戻るという点は同じだ。

 それぞれの違いは待機の方法。スタンバイはメモリー上に作業状態を保存するため、復帰が非常に速い。パソコンにもよるが数秒で起動することがある。一方、休止状態では作業状態をHDDに残す。そのため、完全に電源を切断するよりは高速なものの、スタンバイにするよりは復帰に時間がかかる。

 ただスタンバイなどは、メモリーに内容を保持するため、若干消費電力がかかる。また停電があるとメモリー上に残した作業内容はすべて消えてしまう。その点、休止状態だとHDDに記録するため電源をオフにできる。停電が発生しても大丈夫。利便性を求めるならスタンバイ、安全性を重視するなら休止状態と使い分けるのがいいだろう。

図1 Windowsの待機状態による違い