PR

 質問で定番となっているのが、Windowsを終了した際に“固まってしまう”というトラブルだ。Windowsは終了時にアプリケーションやドライバーにその旨を通知するが、これに対する応答がないと停止してしまうのだ。

 このトラブルがよく起きるWindows 98では、OSの電源管理機能に問題があり、デバイスドライバーを初期化できないことに原因がある。「システム設定ユーティリティ」から「高速シャットダウンを使用不可にする」のチェックを付けることで、解決する可能性がある(図)。

 Windows XPでもパソコンによっては同様の問題が起きる。終了時に「設定を保存しています... 」という表示で止まってしまう。マイクロソフトの技術情報(307274)によると、Windows Updateを実行し、サービスパックをインストールすることで解決するという。

図1 Windows 98では「高速シャットダウン」をオフにしてみよう。システム設定ユーティリティーはスタートメニューから「ファイル名を指定して実行」で「msconfig」と入力する