PR

 あなたのパソコンを守るためにWindows Updateをしてください――。これはマイクロソフトが今、世界的に展開しているキャンペーンの文言。「Windows Update」の中身はよく理解していないが、言葉だけは知っているという読者もいるだろう。

 Windows UpdateとはWindowsの不具合を修正するプログラムや、Windows用のツールをインターネットからダウンロード、インストールする際に利用する機能。なかでもWindowsの重大な不具合(セキュリティホール)をふさぐ修正プログラムの適用は絶対に欠かせないものだ。

 その理由は、Windowsの不具合を狙うウイルスが多いことにある。インターネットにつないだだけ、もしくはメール・Webページを見ただけで感染し、急速に被害を広げていくウイルスは、Windowsの不具合を悪用するものがほとんどだ。

 こうしたウイルスの被害を防ぐ根本的な対策は、感染の原因となったWindowsの不具合を修正すること。そのための最も簡単、かつ確実な方法がWindows Updateだ。ユーザーのパソコン環境が自動的に調査され、必要な修正プログラムだけをインストールできる。

 具体的なやり方は下図の通り。インターネットに接続し、スタートメニューから「Windows Update」を実行。画面の指示に従って修正プログラムをインストールする。これでセキュリティ関連の重要な更新が適用されることになる。

 もちろん、併せてウイルス対策ソフトを使うことなども忘れないようにしよう。

【セキュリティの修正プログラムを適用する】図1 Windows XPでは、スタートメニューの「すべてのプログラム」から「Windows Update」を実行


図2 ユーザーのパソコン環境を調査するプログラム(ActiveXコントロール)がダウンロードされることがある。この画面が出たら「はい」をクリック


図3 開いたInternet Explorerの画面でセキュリティの修正プログラム(重要な更新)を以下の手順でダウンロード・インストールする