PR

 2004年秋以降に登場した一部のHDDレコーダーでは、DVD-Rディスクを使ったDVD-VRモードでの録画に対応しています。

 新しく録画モードが追加されたのは、2004年4月から地上デジタル放送とBSデジタル放送が、HDDやDVDなどに1回だけ録画できる「コピーワンス」に対応したためです。

 DVDに録画する映像方式にはDVD-VideoモードとDVD-VR(Video Recording)モードの2つがあります。このうちDVD-Videoモードは、業務向けとして策定されたもので、映画などを記録することを本来の目的としています。

 DVD-Videoモードで通常のテレビ番組を録画することも可能ですが、いくつかの制限があります。地上デジタル放送やBSデジタル放送で実施されているコピーワンスの番組は録画できなかったり、二カ国語放送も片方の言語しか記録できません。さらにDVD-Videoでサポートされている編集機能はそれほど豊富ではないため、ビデオテープのように編集するのは難しい面があります。

VRは家庭での録画用

 一方、家庭で録画することを念頭に決められたのがDVD-VRモードです。DVD-VRでは、放送を記録用メディアに録画する目的で規格化されたため、フレーム単位でコマを指定しての編集が可能です。

 記録用ディスク向けの著作権保護技術(CPRM)にも対応しているので、これに対応したディスクを使えば、コピーワンスの番組も記録することができます。

 地上デジタル放送やBSデジタル放送がコピーワンス化された当初は、DVD-VRに対応したディスクには書き換え型のDVD-RAMとDVD-RWしか存在しませんでした。これらの番組は一度しか録画できないにもかかわらず、比較的価格が高いDVDRAMやDVD-RWディスクを使う必要がありました。書き換え型よりも安価なDVD-RのDVD-VRモードへの対応は、コピーワンス番組を録画するユーザーのコスト負担を減らすメリットがあるのです。

 ただし、DVD-VRモードでの録画にはデメリットもあります。DVD-VRモードで録画したコンテンツは、ほかの機種で再生しようとしても、まずうまくはいかないでしょう。

 DVD-VRモードに対する機器のサポートが遅れたのがその理由です。録画したコンテンツをほかの機器で頻繁に再生するのであれば、DVD-Rを使ったDVD-VRモードでの録画はお勧めできません。

 一方、現行のDVDプレーヤーなどでは、DVD-RディスクにDVD-Videoモードで録画したコンテンツに対しては、再生の互換性に関してはほとんど問題ありません。

 なお、DVD-RのVRモードで録画するためには、使用前に一度VRモードでフォーマットする必要があります。

【VRモード録画のメリット】


【VR録画に対応した各種DVDディスク】