PR

「誰かに机の中を勝手に片付けられてしまったような気がする…」

 PowerPoint 2007を初めて起動したときは、こんな感じだ。

 見た目や使い勝手が大きく様変わりした(図1)。もちろん、机の中に入っていたものが全く変わってしまったというわけではない。機能はきちんと分類されてしかるべき引き出しにしまわれている。という具合だ。

 使っているうちに、「なるほど…使いやすいようにしまってくれていたのか!」と納得もできる。これまでは、引き出しの奥に隠れていてあちこち探し回らないと見つからなかったものも、最初に開けた引き出しに入っていた。というラッキーなことも多いからだ。

図1 PowerPointの起動画面。メニューバーではなくタブが画面の上部に並び、選んだタブに応じてその下のリボンの内容が切り替わるしくみだ

 慣れるまでの多少の苦労はさておき、PowerPoint 2007は、「操作性」「デザイン性」「信頼性」においてびっくり仰天の目覚しい進化を遂げた。

 今回のレビューでは、その内容について順次紹介していく。デザイン性における派手な変化については次回以降詳しく触れることにして、第1回は「操作性」について。これまで、できそうでできなかったあの機能の仲間入りなどを、プレゼンテーションファイルを作る大まかな流れにそって紹介する。

インターネット上のテンプレートがより身近な存在に

 プレゼン資料を作るのにはじめにすることといえば?−−新しいファイルを用意すること。ここで、紹介したいのがこれから作るファイルの元になるテンプレートを選ぶ「新しいプレゼンテーション」画面だ(図2)。

 ここには、従来のテンプレートに加えて、インターネット上の「Microsoft Office Online」にあるテンプレートも表示される。

 わざわざブラウザを起動する必要がないので、これまでインターネット上のテンプレートはまるで眼中になかった人でも、選択肢の中にインターネット上のファイルが加わることになる。運よく自分が作りたいものに近いものが見つかれば、いちからファイルを作るよりははるかに効率よく仕事が進むはず。

図2 「新しいプレゼンテーション」画面。インターネットにつながっていれば、この画面でMicrosoft Office Onlineのページを直接覗くことができる