PR

 Outlook Express(OE)のツールバーには、よく使う機能がボタン表示で並んでいる。このツールバーは、ボタンの位置を変えたり追加したりと、自分好みに変えることができる。

 ボタンの追加・削除などの変更は、「ツールバーの変更」画面で行う。画面の左側には「利用できるツールバーボタン」のリストが、右側には「現在のツールバーボタン」のリストが表示される。左のリストから追加したいボタン名を選択して中央にある「追加」ボタンで右のリストに名前を移動すればボタンが追加できる仕組みだ。

 試しに、「印刷」ボタンの前に「名前を付けて保存」ボタンを追加してみよう。まず、、右のリストで「印刷」をクリックする。その後に左のリストで「名前を付けて保存」を選び、中央にある「追加」ボタンを押す。すると「印刷」の前に「名前を付けて保存」が追加される。

 位置を変えるには、右のリストでボタンを選択した状態で「上へ」ボタンや「下へ」ボタンを押して調節する。逆にボタンを削除したい場合は、右のリストから消したいボタン名を選択して中央にある「削除」ボタンをクリックする。また、カスタマイズしすぎて訳が分からなくなっても慌てずに。「ツールバーの変更」画面の「リセット」ボタンをクリックすれば、ツールバーを元の状態に戻すことができる。

図1 ツールバーの上でマウスを右クリックし、表示されるメニューから「カスタマイズ」を選択して、「ツールバーの変更」画面を開く


図2 ボタンを追加したい位置が決まっている場合は、その位置の右にくるボタンを、右のリストから選択する。その後、左のリストから挿入したいボタンを選択して、中央にある「追加」ボタンをクリックする


図3 うまく追加できたら「閉じる」ボタンで画面を閉じて完了。ボタンの位置を変えたい場合は、「上へ」「下へ」ボタンで調節する


図4 画面を閉じてOEの画面をツールバーを見ると、追加したボタンが並んでいることを確認できる