PR

 ハガキ作成ソフトなど、他のソフトで二次利用しようとCSV形式で保存したアドレス帳のデータや、バックアップしアドレス帳形式のデータを、再びOutlook Express(OE)に取り込んで使うための「インポート方法」を紹介する。

●CSV形式データ(.csv)のインポート

 まず、OEの「ファイル」メニューから「インポート」→「ほかのアドレス帳」を選択する。「アドレス帳インポートツール」で「テキストファイル(CSV)」を選択して「インポート」ボタンをクリック。次の画面で「参照」ボタンを押して、インポートしたいファイルを指定する。次の画面で、左右に表示されるフィールド名が同じであることを確認して「完了」ボタンをクリックだ。完了メッセージ画面を「OK」ボタンで閉じて終了だ。

図1 OEの「ファイル」メニューの「インポート」→「ほかのアドレス帳」を選択


図2 「アドレス帳インポートツール」で「テキストファイル(CSV)」を選択し、「インポート」ボタンをクリック


図3 「参照」ボタンを押して、インポートしたいCSVファイルを指定する。「次へ」ボタンで進む


図4 インポートする項目とアドレス帳の項目を割り当てる。OEからエクスポートしたCSVファイルなら項目が一致するので、「完了」ボタンを押す。別のソフトからエクスポートしたCSVファイルの場合で項目が一致しない場合は、「割り当ての変更」ボタンで調整する

●アドレス帳形式データ(.wab)のインポート

 アドレス帳形式(.wab)で保存したデータをインポートするには、「ファイル」メニューの「インポート」から「アドレス帳」を選ぶ。あとはファイル名を指定するだけでOKだ。

図5 アドレス帳形式のデータをインポートするには、「ファイル」メニューの「インポート」→「アドレス帳」を選択


図6 インポートしたいアドレス帳形式のファイルを選択だ。確認画面で「OK」ボタンを押したら完了