PR

 IE(ここではIE6以降を前提とする)のウィンドウサイズは終了時点で記憶されるようになっている。複数のIEウィンドウを開いているときは、最後に閉じたウィンドのサイズが次回起動時のウィンドウサイズになるはずだ。しかし、いつの間にかIEの終了時のウィンドウサイズが記憶されなくなり、いつも同じサイズのウィンドウで起動するようになることがある。

 このような場合、最後のIEウィンドウを閉じる際に、「Ctrl」キーあるいは「Shift」キーを押しながらウィンドウ右上の「閉じる」ボタン(×マークのボタン)をクリックしてみよう。その時のウィンドウサイズが記憶されるはずだ。一度でうまくいかない場合もあるので、「Ctrl」キーあるいは「Shift」キーを使って何回か試してみよう。それでもうまくいかない場合は、マイクロソフトのサイトを利用して最新のサービスパックを適用してみられたい。

図1 「Ctrl」キーあるいは「Shift」キーを押しながらウィンドウ右上の「閉じる」ボタン(×マークのボタン)をクリックする。