PR

 新しいOffice 2007の姿を紹介していこう。単なる新機能の紹介ではなく、それぞれのアプリケーションに精通したライターが実際に操作してみて、感じた点、驚いた点、不満な点など赤裸々な感想を書いていくので、一般的なレビュー記事より興味深い内容がお読みいただけるはずだ。ここではExcel 2007の使い勝手を検証していくが、その前にOffice 2007全体で注目すべきポイントを整理してみよう。

1.新しいユーザーインタフェースの採用
2.標準ファイル形式をXMLに
3.サーバー製品との連携を強化

新しいユーザーインタフェース

 すでにWebニュースやブログなどで公開されているが、新しいユーザーインタフェースである「リボン」の採用だ。すでにベータ版を触ったユーザーも多いだろうが、リボンを操作した最初の印象は「使いにくい」とか「どこに何があるか分からない」であろう。私もそうだった。しかしそれは、まったく新しいユーザーインタフェースに対する「慣れ」の問題であって、リボンの操作性が悪いのではない。

 リボンは「結果指向」という概念で設計されている。ユーザーが何かをしようと思ったとき、その結果を得るために使うであろう機能が自動的に表示される。例えばExcelでは、画像やグラフを挿入したいときは「挿入」タブを開けばいい。「○○を挿入する」という操作を支援するための機能がそこには用意されている。任意のセル範囲に名前を定義する場合、今までのExcelでは「挿入」メニューのから「名前」を選ぶ。しかし、名前は一般的に数式で使用する機能なので、リボンでは「数式」タブに分類されている。ユーザーは「名前」という機能がどのメニューに分類されているかを覚える必要はなく、数式を挿入したり、数式のエラーをチェックしたりするのと同じ操作で、名前を定義できるのだ。

図1 まったく新しくなったユーザーインタフェース「リボン」は結果指向で設計されている

 さらにリボンでは、現在選択されているオブジェクト(項目)を操作するための専用タブも表示される。ワークシートに画像が挿入されているとき、その画像をクリックして選択すると、画像を編集・加工するためのタブが表示される。もちろん、グラフやピボットテーブルを選択すると、それぞれに関連したタブが表示される。このように、選択したオブジェクトに関連したタブをコンテキストタブまたはコンテキストコマンドタブと呼ぶ。これによって、ユーザーは操作したいオブジェクトを選択するだけで、操作に必要な機能をすぐに実行することができるようになった。

図2 選択したオブジェクトに関連するコマンドが自動的に表示される

 Office 2007で採用されたリボンに関しては、賛否両論の意見があるだろう。しかし、Microsoftがこれまでのユーザーインタフェースを切り捨ててまで、新しい操作性を模索している点は評価したい。このままアプリケーションの機能が強化され続けると、いずれ現行のメニューシステムは破綻する。あるいは、SF映画に登場するように画期的なユーザーインタフェースが将来実現するかもしれない。そのためには現状を維持するのではなく、何か新しい試みにチャレンジしなければならないのだ。リボンがユーザーに受け入れられるかどうか現時点では不明だが、ユーザーインタフェースの進化においてリボンがターニングポイントになることは間違いないだろう。