PR

 WindowsXP SP2でインストールされるInternet Explorer 6(IE)には「ポップアップブロック」という便利な機能が搭載されている。サイトを閲覧している際、勝手に広告ウインドウが開いて迷惑することがある。これは、本来のページの中に別のウインドウを自動的に開くための命令が(多くの場合はスクリプト文で)組み込まれているからだ。このような「ポップアップウインドウ」を自動的に開かせないのが「ポップアップブロック」機能だ。
 この機能が働くと、IEウインドウの最上部に「情報バー」という通知用のインジケータが表示される。初期状態では情報バーが表示されたことを説明するダイアログも出る。情報バーは、ActiveXコントロールを自動ダウンロードしたり、それをインストールしたりする動作が検出された場合にも表示される。

 多くのサイトではポップアップウインドウは広告表示に使われるだけなのでブロックしても問題ないが、サイトによっては、大切なお知らせに使われたり、ログオン認証画面として使うところもある。また、適正なActiveXプログラムなのにダウンロードしてインストールできないことになる。必要に応じて設定を変更しよう。

 ポップアップブロックの情報バーが出た際に、そのサイトからのポップアップウインドウの表示やActiveXプログラムの実行を許可するには、情報バーをクリックする。ここで表示されたメニューから、必要に応じて「ActiveX コントロールのインストール」、「ポップアップを一時的に許可」、「このサイトのポップアップを常に許可」などの項目を選べばよい。「このサイトのポップアップを常に許可」を選択すると、そのサイトがWindowsに登録され、それ以降ポップアップブロックの対象から外れる。

 もっと簡単に、ポップアップブロックを止めるには、「戻る」ボタンでブロックされる前のページに戻り、「Ctrl」キーを押しながらブロックされたリンク部分をクリックすればよい。あるいは、「Ctrl」キーを押しながら「更新」ボタンをクリックしてそのページを再読み込みしてもよい。ただし、新しいページの内容がすべて表示されるまで「Ctrl」キーを押している必要がある。

 なお、「ツール」−「ポップアップブロック」−「ポップアップブロックを無効にする」を選ぶと、それ以降すべてのポップアップウインドウを許可することになる。

図1 初期状態では「情報バー」を見よというメッセージが出る。「今後、このメッセージを表示しない」にチェックを入れればそれ以降表示されなくなる


図2 ポップアップ・メニューが表示されるので、必要に応じて「ActiveX コントロールのインストール」「ポップアップを一時的に許可」「このサイトのポップアップを常に許可」などの項目を選ぶ