PR

 PostScriptのコマンドをラスターイメージ(ビットマップ)に展開するためのハードウエアまたはソフトウエア。ハードウエアRIPはPostScriptプリンターやイメージセッターに内蔵されている。

 Windows 2000/NT搭載の専用サーバーなどで動作するソフトウエアRIPもある。クライアントが送信するPostScriptデータをRIPサーバー上で処理し、対応するプリンターに印刷データを送信することで、本来PostScriptに対応していないプリンターでも、PostScriptで記述した印刷データが出力できるようになる。